使い道

数十年前の日本では、風呂敷はとても一般的な物であり、物を包んでいました。

そして、運んだり収納の際にも用いていました。
そのため、祝い事などの時にも引き出物として用いられることも多く、縁起物として喜ばれるものでした。

ほとんどの家庭にはたくさんの風呂敷があり、それを日常的に使用している人も多かったです。
しかしながら、その風呂敷も今はカバンなどの登場により、使われなくなりました。
使い道などを知らない人も多いくらいの存在です。

そんな中で、国際化が進み、海外の人々が日本の文化などに関心を持ち、その良さを語るようになったことで、日本人の多くも、風呂敷などの伝統的なものを使用するようになっています。角を結んでトートバッグのようにしたり、籠の中に入れて中身を隠すために使用している人も多いです。