topページ

風呂敷は今やめったに使われることがなくなってしまいました。

しかしながら古き良き文化などの興味がある人たちの中では、静かなブームにもなっています。
本来の用途以外にも使い道を探し、様々なことに使用されています。

風呂敷は、もともと物を包んで持ち歩いたり、大判であれば布団や衣類の収納のために使われていました。
現代では専用のものがありますので滅多にそのような用途では使われません。

ただし、それをアレンジする方法は無限にあります。例えば。結んで持ち手を作ることでバッグのようになります。

また、結び方を変えるとリュックやショルダーバッグとして使うこともできます。風呂敷はそのように知恵と工夫でアレンジができます。